AMラジオ放送の電波による発電・蓄電などの電波エネルギーハーベスティング技術 国際特許出願中 [音読]

シェアする

<<<本文読み上げ 早口>>>

電磁波エネルギーの電力回収、環境発電&蓄電技術

この技術は、電波、電磁波からエネルギーを電力回収して、様々な用途に使用可能な、フレキシブルエネルギーハーベスタを提供する内容します。

NHK福井ラジオ第一放送 (927KHz, JOFG 5kw、福井市下馬送信所)をターゲット放送として、その送信所より 5km地点の福井大学文京キャンパス構内にて電波エネルギーの回収実験を行いました。回収した電力により、マイコン機器の動作、発光ダイオードの点灯などが行えることを確認しました。

以下の動画は、LEDの発光実験の一例です(公開:2019/12/25):

電波のエネルギーハーベスティングとして、中波ラジオ放送などを利用した、電波発電、及び蓄電装置用の、電磁波の電力回収技術として用いることができます。本技術は、実用的な電力回収が可能なので、例えば、低消費電力のIoT機器や、無線ネツトワーク用の電源装置、制御機器の電源などに利用できます。

国内で唯一、数百キロワットもの大電力の放送が認可されている中波AMラジオ放送帯を使うことで、また、その広域伝搬性がある周波数帯であること活かすことで、遠くはなれた場所にエネルギーを伝送することが可能です。放送電波をエネルギー伝送に使う発想です。既存のNHKや民放の日本中にある、AMラジオ放送局の送信所がエネルギー伝送拠点に利用出来る技術です。

この技術のキーワード:

#電波発電 #電力回収 #エナジーハーベスティング #エネルギーハーベスティング #蓄電装置 #ラジオ放送 #AMラジオ放送 #発電装置 #環境発電 #電磁波 #付加回路全般

Canonical URL

https://monozukuri.his.u-fukui.ac.jp/monozukurilab/2019/12/25/post-4591/

The following two tabs change content below.

HOOPRA

創造力への挑戦として、分子・ナノスケールからメートルスケールの先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。 このサイトでは『役に立つ、実用的な』無電源ラジオ フープラを紹介してます。素材の特徴を活かした、ラジオ受信機の創造を目指しています。


シェアする

フォローする

error: Alert: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。