無電源ラジオ 『マイクロフープラ 』(microHOOPRA)の試作 ~縮小時直径が13cmの高性能な無電源ラジオ・放送波エナジーハーベスタ

シェアする

無電源ラジオフープラ(HOOPRA)を小型軽量化させた、マイクロフープラ (microHOOPRA)を試作しました。縮小時の直径は約13cm、重量は103gです。92gのものも試作しています。

展開時:

ポーチ収納時:

小型軽量で、

・無電源AMラジオ受信機
・スマホと連携させるAMラジオ受信機
・あらゆる中波AMラジオ機器の高性能な非接触型外部アンテナ
・放送波エナジーハーベスタ(電波発電装置)
・その他

として機能します。

電池不要で軽量なので、通勤カバン、防災袋、キャンプ用品袋、旅行カバンのちょっとしたスペースに入れて手軽に活用できます。

初稿 2020.9.22

https://monozukuri.his.u-fukui.ac.jp/monozukurilab/2020/09/10/post-5789/

https://monozukuri.his.u-fukui.ac.jp/monozukurilab/2020/08/23/post-5689/

Canonical URL
https://monozukuri.his.u-fukui.ac.jp/monozukurilab/2020/09/22/post-5857/

The following two tabs change content below.
HOOPRA

HOOPRA

創造力への挑戦として、分子・ナノスケールからメートルスケールの先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。 このサイトでは『役に立つ、実用的な』無電源ラジオ フープラを紹介してます。素材の特徴を活かした、ラジオ受信機の創造を目指しています。


シェアする

フォローする

error: Alert: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。