パラソルハンガーラジオ (パラソルフープラ)の試作品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

カンタンに折りたたんだり、広げたりできるパラソル式のハンガーに、無電源ラジオのフープラを組込んだ『パラソルハンガーラジオ』(パラソルフープラ)を試作してみました。洗濯物を干すのに使われるパラソルハンガーにラジオを組込むという発想です。

パラソル式のハンガーはこれ。

 

フープラは輪っか状のラジオなので、パラソル式のハンガーの外周に組み込むことで、無電源で高感度にラジオ放送が楽しめます。雨傘は風が吹いたときに面で風を受けてしまいますが、このパラソル式ハンガーは、雨傘で言えば骨組みのみの構造なので、風の影響が少ないので、屋外での使用で吹き飛ばされる危険性が少ないなど特徴がありそうです。

試作品はこんな感じ。

折りたたんだ状態:

広げた状態:

AMラジオとしてNHK福井第一放送(JOFG)が良好に入感することを確認しました。折りたたむと小型化するので、収納や持ち運びに便利です。屋外で使用したら、風の影響を受けにくいことを確認しました。雨にぬれても大丈夫です。骨組みの素材はポリカーボネートなので機械強度があるので折れにくく、また、耐候性もあります。先端にものを挟む大きなクリップが付いているので、屋内の壁や天井、屋外のどこかにロープをはったり、木々やキャンプサイトのテントの近くなどでかけられる部分を作って、引っ掛けて使うと便利です。

とりあえず、『パラソルハンガーラジオ』(パラソルフープラ)として具体化したので、より作りやすい方法の探求や、使い勝手などで少し様子を見ていこうと思います。

SNS的には2018.4.15現在『パラソルハンガーラジオ』で検索してもヒットしないので、世界初のラジオかもしれません、、、

 

The following two tabs change content below.
庄司英一

庄司英一

創造力への挑戦として、分子・ナノスケールからメートルスケールの先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。 このサイトでは『役に立つ、実用的な』無電源ラジオ フープラをご紹介しております。常識を覆すラジオの創造を目指しております。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。