DSP AM/FMラジオ フープラ HOOPRA – DSP部分は電池式

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSPによるAM/FMラジオをHOOPRAとして組み込んでみました。ニッケル水素電池による3Vの仕様です。ACアダプター接続端子も付け、電池充電式の仕様としました。DSPによる切れの良い選択性や、電界強度による鉄筋コンクリートの建物内へのFM放送、FM補完放送の受信性の附与が特徴となります。DSP式は結構消費電流が大きいので電池切れが心配です。電池切れの時や、スイッチを切れば、無電源ラジオとしてのHOOPRAの機能が活かせます。AM放送限定ですが、HOOPRAの高感度が特徴のラジオとなります。

The following two tabs change content below.
庄司英一

庄司英一

創造力への挑戦として、分子・ナノスケールからメートルスケールの先端マテリアル創造ものづくり研究室として福井大学で活動しています。 このサイトでは『役に立つ、実用的な』無電源ラジオ フープラをご紹介しております。常識を覆すラジオの創造を目指しております。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。